東京湾内の漁業

東京内湾では、かつては遠浅で広大な干潟を有していたことから、採貝漁業やノリ養殖が盛んに営まれておりました。現在は埋め立て等により漁場が縮小したなか、スズキやカレイを対象とした刺網漁業のほか、アサリ漁業やアナゴ筒漁業などが営まれ、「江戸前」の水産物が水揚げされています。
また、関連団体の協力のもと、アサリ種苗やかさご稚魚などの放流を実施することで、東京湾における魚介類資源の維持増殖を目指しています。