各事業部について

Each division

弊会は、次の3つの事業部により事業を運営しています。

総務部

庶務、水産会館、都漁連コーポの利用及び管理、財産管理、税務、出納、内湾海区の開発事業との調整業務、海と渚の環境美化推進委員会業務

販売購買部

(1)販売課
活魚・鮮魚・寒天原藻・その他の海産物の販売・保管業務
水産物流通センターの管理

(2)購買課
漁業資材燃油・その他

指導室 指導課

組合強化育成対策・組合経営指導・合併指導・営漁指導栽培漁業の普及・漁政指導
経理・税務指導、会員組織の育成

流通センターのご紹介

Information

弊会では、都下の漁業経営の長期的な安定を目指し、平成10年6月より「東京都漁業水産物流通センター」を開業いたしました。
本センターでは、東京湾沿海域から伊豆諸島、そして小笠原諸島にわたる水産物流通の起点となり出荷調整をおこなうことにより、漁獲された水産物の有効活用、水産物流通の改善、魚価の安定を図ることを目的としています。

開業平成10年6月
主な取扱い品目東京湾から伊豆諸島小笠原諸島にわたる活魚・鮮魚
伊豆諸島産の天草
施設概要地上4階 地下1階
延べ面積 2,226,24㎡(673坪)
構造 柱 鉄筋コンクリート 屋根 コンクリート 外壁 コンクリート
スペック活魚水槽 9基
内訳:20トン1基 10トン3基 8トン3基 4トン2基(合計82トン)
海水貯水槽 2基
内訳:85トン1基、35トン1基(合計120トン)
冷蔵庫 1基
冷凍庫(-25℃) 1基
冷凍庫(-40℃) 1基
リキッドフリーザー 1基
天草倉庫 541.7㎡ ×2

八幡丸のご紹介

Information

弊会では島しょ地域の水産業発展、生活基盤の確保のため、燃料・資材等を運送する船舶会社に出資しています。

第一八幡丸

船舶番号137138
信号符字JG5683
IMO番号9281217
船籍港東京
船主名八幡丸漁業運輸(株)
運行者八幡丸漁業運輸(株)
造船所名渡辺造船所 本社
建造番号100
起工年月2001年8月
竣工年月2002年5月
総トン数199トン
全長45.32m
型幅8.00m
型深さ3.50m
機関ディーゼル×1
機関馬力1,000PS
航海速力12.00ノット
主な積荷漁業用燃料、鮮魚、生活資材
備考一般貨物船
第一八幡丸

第五八幡丸

船舶番号143797
信号符字JO4771
IMO番号9891830
船籍港東京
船主名八幡丸漁業運輸(株)
鉄道・運輸機構
運行者八幡丸漁業運輸(株)
造船所名渡辺造船所 本社
建造番号263
起工年月2019年9月
竣工年月2020年4月
総トン数197トン
全長45.32m
型幅8.00m
型深さ3.50m
機関ディーゼル×1
機関馬力1,000PS
航海速力12.00ノット
主な積荷漁業用燃料、鮮魚、生活資材
備考一般貨物船
第五八幡丸

放射能に対する取組み

Efforts

東京都では、東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故を受け、平成23年3月24日から東京産水産物の放射性物質検査を行なっています。詳しくは下記リンクをご参照ください。

【東京都産業労働局】
https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/toukei/nourin/nousanbutu/